舌を磨くのは意外と大事なコトだったりします

朝起きた時、食事をとる前などにまずうがいをすると良いとよく聞きます。
夜寝ている間に口の中で細菌が沢山繁殖されるといわれています。
普通の歯磨きやうがいだけでは、この細菌を除去するのは難しいとされています。

舌に沢山の菌がつきやすい状態は非常に良くないと考えられますので、朝起きた時にはう替えだけではなく、歯磨きと一緒に舌を磨くことをお薦めします。
舌を磨くことで、口の嫌なにおいの元がなくなるだけではなく、菌を除去し、ご飯などと一緒に体内に入れることを防ぐことができるだけではなく、風邪をインフルエンザ―の予防にもつながるといわれています。

舌は柔らかい粘膜でできているので、磨きすぎは逆効果になりますので、朝起きた時、1日1回だけ行うことをお薦めします。
また、歯磨き粉を付ける必要はなく、優しく歯ブラシと水で行うことがお勧めです。
風邪やインフルエンザ予防には手洗い、うがいを進められる事が多いと思いますが、是非舌磨きも一緒に実施して頂ければと思います。