私にとって青汁は欠かせない!

青汁といえば未だに「まずい、もう一杯!」という言葉が頭の中に浮かびます。
私は現在20代前半ですがそのCMはいつ頃だっただろうかと思い調べてみると1990年代だとかで時代の流れを感じます。
幼かった私にとって青汁は言わば、初めて知る健康食品だったと思います。あれから、様々な健康食品と謳った飲み物が数々大ヒットしてきましたが青汁は現在でもたくさんの種類が発売され、人気し続けている健康食品の一つではないかと思います。
実際、私の周りでも青汁を飲んでいる人はたくさんいます。この長年に続く人気がこれほど体にとっていい物はないという証ではないでしょうか?

社会人になり数年で肌のトラブルが急増してきました。
昔なら2日で治ったニキビが今は1週間経っても赤いまま、しかも元々の赤ら顔もありかなり肌の状態が悪くはっきりいて実年齢から10歳は歳をとって見られていたと思います。
そんな私は色々なものを試してきました、化粧品、フェイスオイル、ボディーバター、どれも自分の肌を悪化させること以外の効果はなかったです。
私はあまり青野菜がおいしいと思えないし、普段から海外に行くことが多いので生野菜も食べることができず常に野菜摂取不足が慢性的に続いております。

そんな落ち込みと焦りが織り混ざっていた時に出会ったのが青汁でした。
昔おばあちゃんが健康にいいんだよーなんて言いながら飲ませてくれた青汁がもしかしたら効くかもしれないと思って買って飲んでみたところ、効果はてきめん!
もともとあった便秘も解消され少しづつ肌のくすみが取れてきたようにも思いました。
私はミキサーでバナナやキウイと、ヨーグルトさらにハチミツを青汁とミックスして飲むのですが、これがとてもおいしく全く飽きません。

それからというもの毎日毎食後必ず青汁を摂取し自身の健康のためと肌のために青汁にお世話になっています。
私は普段からランニングをふくめた運動をしているのですが、運動のあとの食欲がないときにこれを飲むとスッキリし、とても気分が良くなれます。
青汁は私の生活には欠かせない一部となっております。これからも飲み続けていこうと思います。

以前の私は肥満体型だったのですが、今はランニングと筋トレ、青汁を日課にして、若返った体型を維持しています。
最初はやる事が面倒でしたが、今では三日やらないと気持ち悪くて寝られないほどです。
やり続ける事で、体の健康はもちろん精神的なケアにも繋がっています。本当にストレス発散には運動をする事は最適なのです。
それが、肥満解消で体を痩せさせ、成人病予防にもなります。

力を入れすぎると三日坊主になる可能性が高いので、最初は軽い気持ちでやるのが一番です。
少しずつ量や回数を増やすことで、驚きの効果が数ヵ月後には実感できるはずです。
だから最初は焦らず、深い事を考えずに歩いてみる事からおススメします。
普段知らない場所を歩くだけでも、気分転換にもなりますし、運動にもなります。
それから何キロも歩けるようになったら、ジョギングや筋トレも導入すると一段と飛躍します。
これが面白くて、私はやり続けています。そして、それが結果的に健康効果があるという事なのです。